面接前に知っておきたい逆質問と面接タイプの違いとは?[Occupation Opportunity]

違いを理解して対策しておこう

集団面接と個人面接はそんなに変わらないと思っていませんか?そう思って面接を受けると実際には大きな違いがあって失敗してしまったと後悔してしまうこともあります。そうならないように以下のコンテンツをご覧ください。

個人面接と集団面接の違い

個人面接

個人面接は集団面接に比べ、質問される回数も時間も長くなります。そのため様々な角度から質問されるのでいろんな質問に合わせて答えを用意しておくことが望ましいでしょう。

集団面接

集団面接を受ける場合、1人に対する質問の時間は限られているため、他の人と差別化できるよう考えながら答えると良いでしょう。また個人面接と違い集団面接は質問される回数も少ないので面接でよく聞かれる質問について予め考えておき、練習しておくと良い結果に繋がるはずです。

女性

入社意欲を見せる質問

面接の際に、面接官から「何か質問はありますか。」と聞かれるのが逆質問です。この逆質問は、自身の入社意欲と長所をアピールするチャンスです。まず、意欲を見せる質問ですが、具体的な仕事内容を質問することです。例えば配属先の一日の流れや、志望職種の今後の事業展開などです。また、将来目指しているポジションがあれば、そのために必要なスキルや、入社までに準備できることなどの質問も仕事への積極性を表すことができます。このように入社後、自身が働くイメージを持っているというアピールが、好印象につながります。

自身の長所をアピール

次に、自身の長所を含めて逆質問する場合です。例えば、「持っている資格を活かせるような仕事があるか」「前職で培った経験があるが、志望する職種で求められるスキルは何か」というような質問で、能力をアピールできます。または、「自分の意見やアイデアを積極的に出せる職場であるか」「様々な年齢・タイプの人と付き合える自信があるが、御社の職場はどのような雰囲気か」など、積極性や協調性といった性格面の長所を伝えることもできます。このように、面接官からの質問では伝えきれなかったことを、逆質問ではアピールすることができます。

待遇・福利厚生はNG

逆質問する際の注意点として、待遇面や福利厚生に関する質問は避けたほうが無難です。例えば、有給休暇の取得率やボーナスなどは、入社して成果を出してこその話なので、面接の段階で質問することはタブーです。ほかにも、勤務地の異動や残業の有無は確かに気になる点ではありますが、仕事に対して消極的な印象を与えてしまいます。また、「仕事は楽しいですか」というような「はい・いいえ」だけで答えが完結してしまうような質問も、質問の意図がわからず、いい印象を与えられるとは言えません。

事前にしっかり企業研究

その他の悪い逆質問の例として、扱っているサービスや商品といった、会社のウェブサイトなどで確認できる質問は、志望企業の基本的な情報すら知らないものとして面接官に悪印象を与えてしまいます。また、御社の強みは何ですかといった質問も企業研究不足と捉えられてしまいます。事前に情報収集をし、それを踏まえた具体的な質問内容を考えましょう。